denture

入れ歯

しっかり噛めて美味しく
食べられる入れ歯

入れ歯の種類・特徴

1.保険の義歯

人工歯および義歯床の素材はレジンというプラスチックのみが使われます。部分入れ歯には必ず固定する金属(クラスプ)があります。
利点は治療費が安い、壊れても修理がしやすいことが挙げられます。
欠点は全体的に厚くなり装着時の違和感が大きい、食べ物の温度をかんじにくくなる、クラスプにより見た目が悪いなどが挙げられます。

2.ノンクラスプデンチャー

少ない歯の欠損部で製作します。入れ歯を固定するためのバネ(クラスプ)が保険と違い金属ではないので、審美性にとても優れています。また、保険の入れ歯よりも小さく製作できるため、違和感も少ない義歯です。入れ歯と歯ぐきの隙間はシリコンで埋めることで食物が挟まるのを防ぎます。

3. リプロデンチャー

「リプロデンチャー」というのは「リプロシステム」という入れ歯の作り方で作られた入れ歯です。リプロデンチャーは従来の保険の入れ歯と比べ、機能面も見た目も比べ物にならないくらい良いものです。

4.リプロハイグリップ金属床

ハイグリップ(凹凸)により吸着力があり、審美性・機能性共に優れているワンランク上の金属床です。

 

治療に伴うリスク

入れ歯維持の為の支える歯の負担が増え、残存歯の状態を悪化させることがあります。

入れ歯一覧表

※横にスクロールしてご覧頂けます。

名称

ノンクラスプ義歯

リプロデンチャー

リプロハイグリップ金属床

プラスチック義歯

写真

準備中

準備中

準備中

準備中

素材

ポリアミド

ポリカーボネート

ポリカーボネート

義歯床にプラスチックを使用

違和感のなさ

☆☆

☆☆

☆☆☆

安定性

☆☆☆

☆☆☆☆

☆☆☆☆

審美性

☆☆☆

☆☆☆

☆☆☆

長所

・バネがないので入れ歯だと気づかれにくい
・違和感が少なく、装着感もよい

・バネがない
・変色しにくい
・シリコンで歯茎と密着している

・バネがない
・変色しにくい
・シリコンで歯茎と密着している
・金属部分はかなり薄いため違和感が少なく、食べ物の熱を伝えやすい

・安価である
・調整が容易

短所

・経年劣化により硬くなり装着感が低下してくる

・お口の状態によって出来る場合が限られる

・お口の状態によって出来る場合が限られる

・制度を高く作るのが難しく、安定して噛めない
・口の中の違和感が大きい
・バネが目立つ
・割れたり変形しやすく、耐久性が低い
・上あごをおおう場合、食べ物の熱が伝わらない
・経年劣化によって変色や悪臭が起こる

保証

×

料金表

入れ歯 リプロハイグリップ金属床 ¥200,000 ×
リプロハイグリップ床 ¥160,000 ×
ノンクラスプ義歯 上下片顎あたり
¥125,000
×
プラスチック義歯 約¥100,000 ×
磁性アタッチメント(維持装置) 1装置あたり
¥70,000
×