TOUR

院内ツアー

院内ツアー

院内の様子をご紹介致します。


外観

受付・待合室

カウンセリングルーム

診療室



当院の設備

歯科用CT

CT検査を行うことで、より安全で無理のない治療が受けられます。
近年、歯顎顔面領域の画像診断においては、歯科治療の高度化に伴い、3次元画像診断の必要性が高まっており、インプラント治療や通常の歯科治療である埋伏歯抜去なども、埋伏歯と歯根周辺の骨の状態を正確に把握する必要があります。また歯周病の進行状態の診断にも力を発揮します。
CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経の位置なども調べることができます。

歯科麻酔用電動注射器

患者さんが歯医者さんでいやな治療の一つに麻酔を行なうための痛い注射があります。電動注射器コンピューター制御により理想的な麻酔薬の注入スピードを実現した注射器です。
注射の痛みは注入スピードによる余計な圧力によるところが大きく、電動麻酔注射器がこの問題を解決してくれました。
人間の手で行う注射は加圧のムラが生じて、痛みを感じる原因になります。電動の麻酔注射器は、手動で注射を行なう場合より細い針を使用しているため、刺したときの痛みが非常に抑えられています。また、コンピューター管理された機械の圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくりと痛くないように麻酔が注入できます。さらに、注入速度も数段階に変えることが出来、患者さまの状況や注射部位によって最も痛みの少ない速度で一定に注入できます。