kids

小児歯科

お子様の虫歯ゼロを目指して。

お子様の治療に対しては特に痛みの少ない治療を心がけています。また、生えたての永久歯はむし歯になり易いため、予防治療にも積極的に取り組んでいます 。
当院では、小さなお子様が歯科を嫌いにならないよう、最大限の配慮をしながら治療・予防を進めて行きます。

 

 

お子様の治療の流れ

初めてでも安心の歯科治療

お子様が初めて来院される時は、すぐに治療を始めることはしません。
じっくりお子様とお話し、「診療台に座る」練習からスタートします。
とにかく歯医者さんの雰囲気に慣れてもらうことが当院の基本方針です。
その後、鏡でお口や器具をみてもらいながら、 唾液をバキュームで吸ったり、風(エアー)を歯にかけてみたり治療に使用する器具を実際に触ってもらいます。

誰でもいきなり治療を受けるのは怖いものです。小さなお子様ならなおさらのこと。
しかしトレーニングをすることにより、怖くない!、やれるんだ!という自信と安心感を得ることができます。
本格的な治療に入る前にこのトレーニングを行うことは、お子様の治療にとって非常に大切だと私たちは考えています。

親御さんへのお願い

ただの検診であれば問題ありませんが、万が一虫歯の治療をする場合は、こんなふうに説明してください。 

『 お口の中に虫バイキンが住んでいるの。それを先生がやっつけてくれるって 。 』
『 ○○ちゃんが大きなお口開けてくれたら、先生がやりやすいって 。 』

ここで大事なことは、『 歯医者さんだけでは虫バイキンを退治することはできない。みんなで一緒にやっつけよう 』 というように、
お子様自身の協力が不可欠だと伝えることです。 

『 僕も(私も)虫バイキンをやっつけるんだ! 』 という気持ちになってくれたら、診療はとてもやりやすくなります。

そして、保護者の方は、応援する立場で参加してください。
4歳未満くらいのお子様をお連れのお母さんが口を揃えておっしゃるのが、「仕上げ磨きができているか不安」という点です。
そんな時は、しっかりとした仕上げ磨きの仕方をお伝えして自信をもっていただくところから始めます。

親御さんには、【お子様が歯医者嫌いを克服していく姿を私たちと一緒に見守って頂きたい】 と思います。

虫歯予防…フッ素塗布

フッ素の効果

フッ素イオンが歯の表面に取り込まれることにより、 歯質を強化して虫歯になりにくい歯を作ります。
これも虫歯予防の1つです。
「フッ素」とは、歯質を強化する性質を持った物質です。
乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に虫歯になりやすいですが、フッ素塗布によって大人の歯と同等の強度にすることができます。

小さなお子様でも安心

フッ素は、飲み込んでしまっても体に影響はありません。
また、お口の中に残っても大丈夫です。
まだ 「うがい」 のできないような小さなお子さんでも塗布することが可能です。

定期的にフッ素塗布を行い、虫歯に負けない丈夫な歯を作りましょう。

歯科診療メニュー

DENTAL TREATMENT